仏像、ときどきアート

仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術展など、見たこと感じたことの記録

【上野】東京国立博物館 仏像スポットは本館1階11室

東京国立博物館はいつでもすごい

f:id:shishi-report:20180628220144j:plain

東京国立博物館


 上野にある東京国立博物館(以下、トーハク)は、期間限定で開催される特別展(例:運慶展、仁和寺展など)でしばしば話題にあがります。
ですが、特別展だけでなく、常設の総合文化展もかなり見ごたえがあるのです。
じっくり見学していたら、とても一日ではまわりきれない、というのが実感。
なにせ、本館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館、黒田記念館…と見学施設がいくつもある(※表慶館は非公開のことが多いです)。

 

トーハク概要(個人の意見)

トーハクのメインとなる本館。

 

f:id:shishi-report:20180628214555j:plain

本館入口


本館は、外国人観光客の方がたくさんおられ、それなりに混雑しています(とはいえ、見学するのに困るほどではない)。
ミュージアムショップも本館にあるのですが、外国人観光客の方が目を輝かせてお土産を選んでいるのを見かけるとなんだかうれしくなるものです。

個人的に好きなのは、東洋館。
アジアの仏像(石仏など)が多数展示されています。
ほんのり暗くて独特の雰囲気があり、無性に落ち着きます。
平日などは自分以外のお客さんが数名だけいらっしゃる程度のことも。
混雑が苦手な方や、ゆっくり楽しみたい方はぜひ。
 

仏像好きにおすすめな展示 

彫刻や仏像好きの方におすすめなのは、本館1階の11室(彫刻)。
本館に入ってすぐ右手にある部屋です。

もちろん順路に従って、2階の第1室から見学するのもよいですが、時間が限られているときなどは11室に直行が効率的。

展示される仏像はたまに入れ替わるので、それも楽しみ。
しかも、写真を撮れる仏像もあります(撮影禁止のマークがあるものは不可)。

先日訪れたときの顔ぶれ(抜粋)

2018年5月時点のものです。

f:id:shishi-report:20180628222535j:plain

涅槃像

 

f:id:shishi-report:20180628222710j:plain

不動明王

 

f:id:shishi-report:20180628222635j:plain

毘沙門天


こちらの毘沙門天、目がクリッとしています。
踏まれている邪鬼も、毘沙門天の膝のところにいる獅子も、揃いも揃ってどんぐりまなこ。
彫った仏師の方が、どんぐりまなこ好きだったのでしょうか。
四天王って結構厳しいお顔の方が多いので、珍しいような。
こう言ってはアレですが、かわいいですね。
ちなみに、膝の獅子をモデルに描いた絵を、本ブログのアイコンに設定しています。

f:id:shishi-report:20180628224931j:plain

膝部拡大


さてさて、最大の見どころを。
11室の奥のスペース(12室側)はステージのようになっていて、豪華です。
仏像にあまり興味がなさそうな方も思わず足を止めて写真を撮っておられます。
外国人の方が小声で「ワァオ~」と感嘆の声を漏らすことも。

f:id:shishi-report:20180629113529j:plain

千手観音と四天王


いやー、美しい。
四天王が少し暗くなってしまったので、追加。

f:id:shishi-report:20180629115608j:plain

四天王

f:id:shishi-report:20180629115814j:plain

四天王 多聞天

f:id:shishi-report:20180629120104j:plain

千手観音菩薩坐像

 

今年の1月と3月に訪れたときは、このスペースには十二神将が展示されていました。
そちらも見ごたえがあって素晴らしかったのですが、今回展示が変わって「おおっ」と嬉しくなりました。

トーハクのHPによると、「ジャンルや素材によって4~8週間ごとに展示替えを行っている」とのこと。

仏像コーナーは展示替えが大変だと思うので頻度は高くないでしょうが、次に行ったときに何が見られるか楽しみです。


トーハクのHPにも仏像好きにおすすめのコースが載っていました。
こちらは150分かけてまわる本格コースです。

www.tnm.jp


トーハクについては、こちらの記事もどうぞ。

 

shishi-report03.hatenablog.com

 

Copyright © 2018 仏像、ときどきアート All rights reserved.