仏像、ときどきアート

仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術展など、見たこと感じたことの記録

【奈良】新薬師寺 ― 十二神将に守られし薬師如来

奈良には薬師寺と新薬師寺があります。
「新」と頭につくくらいだから、比較的新しいのかと思いきや、新薬師寺の創建はなんと747年。
聖武天皇の病気平癒を願ってつくられたそう。

バス停「破石町」から徒歩15分。

受付にて600円支払います。
門の写真を撮り忘れたのでいきなり本堂。

f:id:shishi-report:20180620102229j:plain

本堂

本堂に向かって伸びる石畳を歩いていたら、石畳の溝に足をとられ、膝からくずれ落ちました。
子供の頃以来、久々にコケました。

f:id:shishi-report:20180620102410j:plain

この溝に注意

膝カックンをされたときのように崩れ落ちた感じで、豪快に転ばずには済んだので、負傷なし。
少し手をついたけれど、かすり傷ひとつなく。

「お寺で転ぶと云々」という言い伝えがいろいろあると思いますが、ここはポジティブに「厄落とし」が済んだ、と思うことにします(実際、今のところ好調)。

さて、気を取り直して、本堂に入ります。

f:id:shishi-report:20180620103328j:plain

本堂

f:id:shishi-report:20180620103359j:plain

本堂入口

本堂に入ると、薬師如来十二神将が迎えてくれます。
お堂自体は暗いのですが、仏像を照らす照明は妙に明るくて、ステージ感がありました。

f:id:shishi-report:20180620104252j:plain

薬師如来 パンフレットより

f:id:shishi-report:20180620104407j:plain

薬師如来十二神将 パンフレットより


ふくよかな薬師如来さん。
(こう言っては失礼かもしれませんが)愛嬌のあるお顔。
つい親しみを覚えてしまう表情です。

昔はお医者さんもいなかったので、病気になっても祈るしかなかったそう。
そんなときにこの薬師如来さんのお顔を見たら、やっぱりホッとしただろうな、と思うのでした。

薬師如来さんを囲む十二神将も有名。
護衛中なので、みなさん厳しい表情です。
それぞれに担当の干支があります。
自分の干支の担当である大将の前にローソクを立て、ご挨拶。
良い時間でした。

最後に境内の写真を。

f:id:shishi-report:20180620110246j:plain

地蔵堂

f:id:shishi-report:20180620110345j:plain

竜王

f:id:shishi-report:20180620110400j:plain

右は鐘楼

f:id:shishi-report:20180620110426j:plain

香薬師堂へ向かう場合はここから


春日大社やら東大寺からは少し離れた場所にあるので、静かで落ち着けます。

 

――――――――――

薬師寺の近くには写真美術館や頭塔もあります。

 

 

 

 

Copyright © 2018 仏像、ときどきアート All rights reserved.