仏像、ときどきアート

仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術展など、見たこと感じたことの記録

【長野】松本を巡る② ー松本城は足腰の丈夫なうちに・博物館でカータリに会う

松本城

松本市美術館を堪能した後、さーて次はどうしようかな、と松本城のHPを見たとき。
そこで初めて知りました。

天守入口までの待ち時間:50分 (※2017年8月上旬・お昼頃の情報)」

えっ!? 松本城って、入城までにそんなに待つの!?と。
(普段は事前にいろいろ調べておくタイプなのですが、このときは仕事の都合などで時間がなく、ほとんど行き当たりばったりだったもので)

それなりに暑いなか50分も待つのはきつい……せめて涼しくなってからがいい。
ならば、松本城は夕方にするか(雨が降りそうだが…暑いよりはマシかな)。
というわけで、先に旧開智学校へ行くつもりでバスに乗りました。車内で暇だったので松本城の待ち時間を再びチェックすると……おや! 30分に減少している! ならば今行こう!と、松本城の前で慌ててバスを降車しました。
(このように、待ち時間はけっこう変動するようですので、マメにHPをチェックすることをおすすめします。)


バスは太鼓門の近くに止まったので、ここから入ります。

f:id:shishi-report:20180811125316j:plain

太鼓門

f:id:shishi-report:20180811140508j:plain

お堀

太鼓門をくぐって、お城に近づいていきます。

f:id:shishi-report:20180811141215j:plain

お城に向かう

f:id:shishi-report:20180811141258j:plain

お城へ向かう

門をくぐると、天守が登場(逆光になってしまいましたが)。

f:id:shishi-report:20180811142241j:plain

松本城 天守

f:id:shishi-report:20180811142410j:plain

松本城 天守

見ごたえありますね。
このまま眺めていたい気持ちもありましたが、天守内に入るために早く並ばねば。

ディズニーランドのアトラクション待ちのように、ひたすら立って並ぶのだろうと思っていたのですが、テントの下にずらっと長椅子が設けてあり、座って待つことができました。これはありがたい。

f:id:shishi-report:20180811145134j:plain

テントから松本城をのぞむ


日も雨も避けられて、しかも座れる。
これなら暑い日でも、雨の日でも、ご年配の方も、比較的楽に待つことができますね。

私は膝の上に旅行ノートを広げて、これまでの道程を記入したりしていました。
椅子、ありがたや。
そうこうしているうちに時間は過ぎ、天守入口に案内されました。
30分も待ったようには感じなかったです。


天守内部へ

入口で靴を脱いで、ビニール袋に入れ、そのまま持ち込む観光スタイルでした。
内部はけっこう段差があったりしますので、エコバック的なものにビニール袋ごと靴を入れ、肩にかけるなどした方が楽かもしれません(ご年配の方やお子さんなど)。

入ってすぐの階段の段差がすでに高くて「おおお」とひるむ。
なかなかアクロバティックな城内を予想させられます。


写真がぶれてしまいましたが、内部の様子です。

f:id:shishi-report:20180813131932j:plain

武者走

ところどころに矢狭間・鉄砲狭間と呼ばれる狭間があります。
小さい方形が鉄砲狭間、長方形が矢狭間だそう。
ここから鉄砲を撃ったり、矢を放ったりしたのですね。

f:id:shishi-report:20180813132332j:plain

鉄砲狭間


前の方のあとをついて、ひたすら階段を上っていきます。
各階に展示があり、じっくり観ていたらけっこう時間がかかりそう(混雑していますし、外で待っている方もいるので、横目で見る感じでした)。

中から外を見てみたり。

f:id:shishi-report:20180813133029j:plain

天守内部から

f:id:shishi-report:20180813133130j:plain

天守内部から

f:id:shishi-report:20180813133212j:plain

展示

 

4、5階あたりになると、階段の横幅がいっそう狭くなります。
しかも、降りてくる人とすれ違うので、「すいません、すいません」とお互い譲り合いながらの通行に。
また、一段一段の段差も大きく、頭上に梁もあり、それなりに険しい。
目の前に「頭上注意」の貼り紙があるにも関わらず、私もうっかり頭をぶつけそうになりました(あと数センチ背が高かったらぶつけていた)。

若い人は問題ないですが、ご年配の方や小さいお子さんは、この狭くて段差のある階段にかなり苦労しているように見えました(いずれもご家族の方がフォローされ、無事に上りきっておられましたが)。私もあまり体力に自信があるほうではないので、今のうちに登っておいてよかった、と思います。

この険しい階段ならば、天守入口までの待ち時間が発生するのも納得。
人数制限しないと危ないですからね。

とはいえ、階段ごとに警備員や案内係(?)の方が立っておられ、「頭上、注意してくださいねー」とか声をかけてくれますので、大丈夫です。
なんだか皆さん、とても感じが良かった。
世界遺産登録を目指しているそうなので、気合の入れ方が違うのかなーなんて思ったり(全体的にスタッフの数も多かったです。バイトらしき学生さんも含めて)。

さて、険しい階段を上ったら最上階に。
外に出られるわけではなく、窓があるだけでした。
けっこうむし暑いです。

f:id:shishi-report:20180813134801j:plain

最上階からの眺め

f:id:shishi-report:20180813134834j:plain

最上階からの眺め

あくまで個人的な意見ですが、お城って、遠くから観るのが一番美しいな、と思ったりします。
外観の美しさゆえ、期待値が高まってしまい、中に入ると「ほう、こんなもんか」と思ったりします(お城好きの方はいろいろ観るところがあるのでしょうが)。
事前に勉強していけばもっと楽しめるのに!とも思いますが、なかなか…(汗)


天守からの眺めをひとしきり堪能したら、のぼってきた階段を下ります。
下りるほうが大変そうに見えたので、けっこうビビってていましたが、大丈夫でした。

天守を出ると、待ち時間がまた60分に!
良いタイミングで入れたようです。
下から改めて見上げるとやはり迫力ありますね。
黒い壁がかっこいい。

f:id:shishi-report:20180813142453j:plain

改めて見上げる



おまけ 松本市立博物館

太鼓門の南側には松本市立博物館もあります。

f:id:shishi-report:20180814120602j:plain

松本市立博物館

共通観覧券(現在は発売していないようです)を持っていたので、ついでに寄ってみました。

松本の歴史や文化についての展示がメイン(期間によっては特別展もあります)。

松本に何のゆかりもない私にはあんまり興味ないかなー、と思っていたのですが、これがけっこうおもしろかったのです。
その土地ならではの言い伝えとか信仰とか、どこかファンタジーな部分があって楽しい!

カータリ

一番興味深かったのは「カータリ」なる存在。
「カータリ」というくらいだから、語り? 何か伝説めいたものを語る人なのかなーとか思いきや、実はロマンティックな存在。
まずは「カータリ」さんのお姿を(スタンプで失礼します。博物館では実物が観られます)。

 

 

f:id:shishi-report:20180814133115j:plain

カータリ スタンプ

f:id:shishi-report:20180814133210j:plain

カータリ(左) 松本城(右)



な、なんですか、この脚の細い変なおじさんは……。

しかし、この「カータリ」さん、活躍の場は七夕。
七夕と言えば、織姫と彦星が年に一回会える日。
しかしそんな日に雨が降っていたら……彦星は織姫に会いにいけなくなってしまう。
そこで「カータリ」さんの出番です。
「カータリ」さん、彦星をおぶって、雨の降る天の川を渡ってくれるんです。
だから、着物の裾をまくって、脚を出しているんですね。
川を渡る→かわたり→カータリ、とのこと(たしか)。
なんとも涙ぐましい。
一気にファンになってしまいました。


この後は旧開智学校へ。

 

shishi-report03.hatenablog.com

 

Copyright © 2018 仏像、ときどきアート All rights reserved.